読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行進ダイアリー

ふつうのブログです

このモヤモヤ感

何年か前に地元の家電量販店の初売りに並んでたんですよ。もちろん前日の夜からならんで、朝一で目玉商品を買うためですよ。


そんで、僕たちの前には子供2人(小学生男女)を連れたお母さんが並んでたんですね。


その子供がね、ホント、クソガキで。


息子のほうはお母さんのこと「オメー」だの「テメー」だの言っててね。
娘のほうはお母さんのこと完全無視なんですね。


でもお母さんは、「ほしかったゲーム買ってあげるからね」「○○も欲しいものいいなね。ゴメンね」なんつっててね。2ちゃんのカーチャンスレのカーチャンみたいだったんですよ。


「寒いのにゴメンね」とか「カーチャン暖かい飲み物買ってきてあげるからね」とかね。


で、夜が明けて、店が開店したんですよ。


店員が出てきて、「整理券を配りますので−、みなさんお求めの商品をおつたえくださーい」って言ったんです。


カーチャン「(チラシを見せながら)この、ゲームを・・・」



店員「あー、それ、うちではやってないんですよー。次のお客様ー!」



うわああああああああ


チラシをよく見るとね、書いてあるんですよ。取扱店が。
カーチャンもっとよく見ろよと。なにやってんだよと。
元旦から真冬の夜に外で延々待ってコレかよと。


ガキも「オメーなにやってんだよ!」なんつってね。娘も完全に、アレは汚物を見る目でしたね。


でもね、あの時のカーチャンのしょんぼりした顔ったらないよ。
もうホントに見てられなかった。
泣きそうな顔でさ、「ゴメンね、ゴメンね」って子供たちに平謝りしてさ。


ああ、すごくモヤモヤした。